2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

証券会社


無料ブログはココログ

« 栗拾い&房総ドライブ | トップページ | クイックペイって知ってる? »

2006年10月 2日 (月)

F1 中国GP 琢磨はF1レベルなのか?

今日は仕事が早く終わったので、帰りに

パチンコに寄ったら、2500円で確変を引いて

なかなか止まらず、、、、20箱程出したしんのすけです。

うーん、ツイテル♪ 

しかしここで無駄遣いしてはいけません!

「勝って兜を緒を締めよ!」

 

F1 中国GPは今回はいいレースでしたね。

ミハエルはさすが史上最高の王者だけあって

雨も降る荒れたレースはお手の物でした。

決勝もレインコンディションだったので、ルノーの

圧勝かと思ってたのですが、ミハエルの腕も

素晴らしかったですね。

 

アロンソは序盤の約20秒のリードを守りきれませんでした。

序盤は余裕の勝利ペースでしたので、1回目のピットで

念のためタイヤを変えてしまったのが敗因でした。

タイヤを交換しなかったミハエル、フィジケラに猛追され

かわされてしまいました。

ちょい濡れの微妙なコンディションでは、レインタイヤが

磨耗して溝が薄くなったタイヤがベストだったようです。

 

ただ、最後のドライ状態になった後の追い上げは見事でした。

同点になってしまいましたが、まだまだどちらが勝つか

わからないですね。

鈴鹿とブラジルは目が離せません!!

 

佐藤琢磨ですが、最終ラップ、琢磨の後ろから、

4位ハイドフェルドから7位バリチェロので、非常に

僅差が争っているグループが近づいたにもかかわらず

ライン上に留まり、しかも最後には完全にハイドフェルドを

遮るラインにマシンを振った為、その後ろでは大混乱!!

多重クラッシュを巻き起こしてしまいました。

 

TVで見てても明らかにマズい動きでした。一瞬、琢磨では

なくて左近かと思ったぐらい。。。なのに、レース直後の

コメントでは

「チームにとっては、本当に素晴らしい結果だ。
誰にとっても難しいコンディションの中、本当にエキサイティングなレースだった。
レースの間はずっとエンジニアと頻繁にコミュニケーションを取っていたし、適切なタイミングで適切なタイヤチョイスができたと思う。
レース序盤は行く手を阻まれてしまったが、コースがクリアになってからは本当に強くプッシュすることができた。
ある段階でギヤボックス関連の小さなトラブルが発生したが、すぐに修正することができた。
今日の結果は素晴らしいチームの努力の成果だったと思うし、鈴鹿へといい勢いをつなげていくためにも、ぼくたちにとってはここ中国でいいレースを戦うことはとても重要だった」(佐藤 琢磨)

 

だって!(この後、失格)

おいおい、ものすごーく周回遅れだったのに、

4位争いを邪魔したのにコメント無し????

あそこでブロックする意味は全くないように思いますが・・・。

入賞圏内ならまだしも・・・。

アルバースとバトルしてたとしても、譲るべきでしょう。

 

琢磨はアグレッシブとか言われますが、そうではないと

最近思ってます。「無茶」なんですよ。

「アグレッシブ」なのは、ミハエル、アロンソ、ライコネンなどの

一流ドライバーであり、「無茶」なだけのドライバーは

F1ドライバーとしてはどうなのかな? 日本人としては

応援したいですが、スーパーアグリやホンダがないと

彼のシートはないでしょうね。

 

日本人というだけでは応援する気がないんよなー、最近。

速いからこそF1ですからね。最下位争いには興味はないわけです。

辛口ですが。

« 栗拾い&房総ドライブ | トップページ | クイックペイって知ってる? »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186517/12129287

この記事へのトラックバック一覧です: F1 中国GP 琢磨はF1レベルなのか?:

« 栗拾い&房総ドライブ | トップページ | クイックペイって知ってる? »