2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

証券会社


無料ブログはココログ

« ちょっと多めかなぁ | トップページ | ウォシュレットの先制攻撃 »

2006年11月15日 (水)

フィンテック中期計画上方修正!

今日はフィンテックの決算発表でしたが、

なかなかいい結果でした♪

 

昨期(2006/9月度)は既に上方修正済みだったので

予想通りだしたが、今日修正された今後3年の中期計画の

修正が素晴らしい♪

2005/12月予想(単位:百万円)
  2006年9月 2007年9月 2008年9月
売上高 6,113 11,115 16,488
経常利益 4,406 7,851 12,027
当期純利益 2,500 4,500 7,000
2006/11月予想(単位:百万円)
  2006年9月 2007年9月 2008年9月
売上高 8,231 14,386 21,910
経常利益 5,581 9,012 15,014
当期純利益 3,235 5,000 8,383

 

もう既にかなりの規模になっている会社ですが、

素晴らしい成長率ですね。(*^。^*) 利益率も

文句なし。 きっとこれでも堅く見積もった数字

でしょうからまだまだ期待できます。

 

ここはやはり3年ぐらい持ったほうがいいと思います。

 

成長率が鈍化している他の不動産流動化関連との違いは

フィンテックが流動化しているのは不動産だけではないと

いう事です。

 

不動産は既に買いあさられて、高くなっていますし

限りがあります。しかし、フィンテックは将来の売上や

知的財産など無形の物を流動化しています。

 

こういった例は最近でいえば、

ソフトバンクの携帯事業の証券化のようなものです。

(フィンテックがアレンジャーではないようですが)

ですから、金利上昇懸念などは他の不動産ファンドに

比べると影響が少なく、逆に強みにもなるわけですね。

  

金利が上がってくると銀行から借りると利子が高いので

流動化を利用して資金調達する・・・・これからはそういう

時代ですね。

 

当分売るつもりはないのでゆっくり寝かせて大きく

なるのを待つことにします。

« ちょっと多めかなぁ | トップページ | ウォシュレットの先制攻撃 »

株式取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186517/12697496

この記事へのトラックバック一覧です: フィンテック中期計画上方修正!:

« ちょっと多めかなぁ | トップページ | ウォシュレットの先制攻撃 »